カードローンの金利計算方法とは?

カードローンの金利計算方法とは?

カードローンは元金と利息の合計を返済するので、利用しているローンでどのぐらい利息を払っているか把握することはとても大切なことです。では、カードローンの金利、つまり、利息はどのように計算することができるでしょうか?その計算方法は、「利息=元金×金利×借入期間」となっています。たとえば、30万円借り入れをし、年利18.0%のカードローンを60日間で完済する場合、8,876円(利息)=30万円×18.0%÷365日×60日 で、利息は8,876円となります。では、30日で完済した場合はどうなるでしょうか?4,438円(利息)=30万円×18.0%÷365日×30日 で利息はちょうど半分の4,438円となります。このように借入期間が短いほど負担する利息も軽減されることがわかります。ですから、ローンの総支払額を少なくするために、できるだけ繰り上げ返済などを行ない、短期間で完済することをおすすめします。

最近では、いくつかのカードローンおすすめ会社が無利息キャッシングサービスを提供しているので、それらを利用するなら利息を安く済ませることができます。無利息サービスの多くは、30日間以上の無利息期間をもうけているものが多く、この期間内なら利息は一切かかりません。しかし、永久に無利息でお金を貸してくれるわけではないので、その定められている無利息期間内に返済するなら利息ゼロ円でお得に利用することができますが、長期にわたって利用する場合には、申し込み前にしっかりと計算をすることをおすすめします。